体脂肪計の体年齢の原理は?信用してもいいかメーカーごとで比較!

こんにちは。

最近筋トレにハマって、色んな方法を検証しています。岡田です。

色んな筋トレもいいですが、見た目的にも筋肉が付くのは非常に素晴らしいですが、体調管理や運動の成果を数字でも管理したいものです。

そんな時に気になるのがそう、体脂肪計ですね。

あの数字、一応出はしますが、本当に合っているのかと疑問に思うことはありませんか?

とくに、体年齢とか…。実年齢よりも5歳も6歳も老けていたら、ちょっと不穏に思いますよね。

そこで、今回はメーカーごとに体脂肪計の違いはあるのか、そしてその数字を信用して良いのかを検証してみることにしました。

スポンサーリンク

体脂肪計で計測される体年齢とは?

おもむろに体重計に乗って測定を始める体脂肪計。

中には「体年齢」を測る機能がついたものもあります。そう、筆者の持っている体脂肪計もそういった機能が付いていて、これは使わないわけには行かない!と思って早速使ってみたのです。

しかし…。

数字はまさかの5年以上年上。

まじか!なぜ!?

img_20161108_152630

筆者は毎日運動してますし、ランニングもしてます!懸垂も20回ぐらいこなせるぐらいの筋肉量は一応ついてます。最近食事の量も少なめ(だと思う)のになぜ…?

もしかしたら普段のあなたも、こういったことを体験したことがあるかもしれません。え…ない?

とにかく不安でしょうがなかった私は体脂肪計がこわれているんじゃぁないかと不安になりましたよ。えぇ。

しかし、

いろいろ調べてみると、この体年齢を計測する仕組みには結構細かくて、いくつかの原理があったのです。

そもそもどういう原理なのか気になる

歯茎年齢、肌年齢、そして肌年齢。

人間の3代年齢を司るうちの一つがこの肌年齢なのですが、実際どんな原理で計測されているのか気になります。

というか、単に年齢が高くて気に入らない、というのもありますが笑

しかも実年齢よりも若い数字がでたら、単純に喜んでいただけかもしれません。

じつはこの体年齢、体重計のメーカーによって
計算方式にいくつかの違いがあるようなのです。

それは、

「体重や体脂肪率、身長などのデータの違いと、各メーカーの計算方式の違い」

に鍵があったのです。

メーカーごとの体年齢の定義の違いとは?

体年齢の数字の違いは気になりますが、まずはその定義について調べなければ話になりません。

そこで、国内3大メーカーの体年齢と、体年齢に相当する定義について違いを調べてみることにしました。

すると、このような結果に。

メーカー 体年齢に
相当する言葉
体年齢の決まり方
オムロン 体年齢 体重、体脂肪率、骨格筋率、基礎代謝
タニタ 体内年齢 筋肉量と基礎代謝数値
パナソニック 体組成年齢 測定データの総合値と年齢

 

こんな感じですね。

つまり筆者が最初から使っていた「体年齢」というのは、タニタの商標だったということでしょうか?

他のメーカーについては微妙にネーミングを変えているものの、基本的な定義としては変わらない様子。

最も違うのは、
体年齢の計算に使う
数値や式の違い
なのではないか?

と思います。

スポンサーリンク

これらの数値であれば、タニタがもっともシンプルな結果になっていますよね。単純に老化すれば、または老化傾向にあれば筋肉や基礎代謝量は減りますし、もっともシンプルな計測方法だと言ってもおかしくありません。

また、

オムロンの場合は一番若い年齢が出るようです。

これは数値や計算方法の違いによるものが影響しているとは思いますが、実際はそうには思いません。

というのも、

筆者の場合、家にあるオムロンの体脂肪計は結構年上で計測していましたから…。

オムロンの場合は水分量が体年齢に影響するかも?

ただ、オムロンの場合、他の体重計メーカーとの大きな違いとして体脂肪計を大きく取り入れているところにあります。

また、家庭用の体脂肪計の共通点として、

「体に含まれる水分量を計測して結果を出している」

というデータもあります。

家庭用の体脂肪計は体の中に微弱な電流を流し、抵抗値の大きさ(つまり水分の少なさ)を目安に体脂肪を計測しているのだとか。

つまり、体に含まれている水分量が少なければ、体脂肪計の構造的に数値が上がりやすくなる、ということらしいです。

なので、

筆者の場合はオムロンの体脂肪計に、朝のほうがいい結果が出ると思って、寝起きの状態(水分の少ない状態)で計測した=つまり体脂肪が多い判定になり体年齢も上がった

という事になったのでは?と思います。

このように、メーカーによって計測基準が異なることもあるようなので、単純に数字だけを鵜呑みして一喜一憂するのはよくなさそうです。

まとめ

体脂肪計、こんなに奥の深いものだとは思いませんでした。

もしも正確に体脂肪計を計測したい場合、大きめのスポーツジムに行って「空気置換式」の体脂肪計で計測するといいそうです。

家庭用ではなく、価格も1000万円もするためか、非常に精度が高いみたいです。家で購入して使うにはちとコストがかさみますね。というかそのお金で別のもの買ったほうが幸せになれるきがします。たとえば酸素カプセルとか。

でも、その体脂肪計で数値が高ければもうごまかしは効きません。

なので筆者はとりあえず、運動の負荷を上げることにします!

それでは!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。