レギュラーとハイオクの違いは?性能や効果と混ぜる場合の影響は?

ガソリンスタンドの給油機にレギュラー/ハイオク/軽油と3種類が並んでいるのを見たことがあると思います。レギュラーとハイオクはガソリン車に、軽油はディーゼル車に入れるものですが、ここではレギュラーとハイオクの違いをお話します。

結論から言うと、ガソリンの「オクタン価」が違います。

では、この違い、どういうもがあるのか?

なんとなくハイオクをレギュラー車に入れて性能UP!みたいな事を考えていても、実際は非推奨なのはなぜか?

今回は、そういった細かい疑問について
あえて細かく調べていってみますね。

オクタン価が高いと燃えにくい

まず結論として。

レギュラーとハイオクの違いは、ただ単純にハイオク=性能が高い、というわけではありません。

2016-11-16_215707

中にはハイオクの方が性能がいいから、レギュラー車に入れている人もいますが、あれは自動車メーカーも非推奨としています。

それはなぜか?

ガソリンにはイソオクタンという炭素と水素の化合物が含まれており、この含有量を基準に「オクタン価」が決まっています。イソオクタンの割合が大きいとオクタン価が高くなり、これがレギュラーとハイオクの違いとなります。

ではオクタン価が高いと
どんな違いが出るかですが、
オクタン価が高いと燃焼しにくく、
耐ノッキング性能が高くなります。

つまり、ハイオクの方が着火しにくく、ノッキングと呼ばれる(叩いているような音や振動を生じさせる)現象を起こしにくいと言えるのです。

ノッキングとは燃料がうまく燃えない時に生じるので、ノッキングが起こりにくいということは、燃料が安定して燃えることを意味しています。

燃焼したときのエネルギーの違い

車はガソリンをエンジンで燃焼させて運動エネルギーに変えています。

2016-11-16_215600
ガソリンを燃焼させるとき、燃えやすい燃料と燃えにくい燃料のどちらが大きなエネルギーが出ると思いますか?

これについての答えは、

「燃えにくい燃料」

になります。

燃えやすい方が良さそうですが、実は燃えにくい方が燃焼時のエネルギーは大きくなります。

理由としては以下のようなものがあります。

  1. オクタン価が高いと引火点が高くなり、燃えにくくなる
  2.  燃えにくいので燃料が燃え切るまでに時間がかかる
  3. その分ほとんど燃え残りやカスを出さずに燃焼する
  4. これによりガソリンを無駄なくエネルギーに変えられ、大きなエネルギーを生み出す

こうしてハイオクはレギュラーより
大きなエネルギーを生み出すのです。

反対に、レギュラーは燃えカスが出やすいのでパワーロスが生じてしまうのです。

そのため、スポーツ走行に向いた車が総じてハイオク車なんですね。

さらに、ハイオクにはエンジンの燃焼室をきれいにする薬剤(洗浄剤)など複数の添加物が含まれています。

オイルメーカーによって多少の違いはありますが、エンジン内に溜まってしまう付着物(カーボンなど)を取り除く洗浄剤、吸気バルブなどのエンジンパーツを保護する成分や燃焼を促進する成分などが含まれています。

これがエンジン本来の性能を
出しやすくするのに役立っています。

ほとんどのレギュラー・ガソリンは添加剤を含まず、オクタン価が低いことと相まって、ハイオクとパワーに差が出るのも納得です。

車には指定されたガソリンを

「ハイオクを入れて下さい」と指定されている車のエンジンは、エンジンと空気を混ぜて圧縮する比率などがハイオクに合わせて調整されています。本来の車の性能を引き出すためにハイオクが指定されているのです。

2016-11-16_215344
指定されてはいますが、
間違ってレギュラーを
入れてしまっても大丈夫です。

ハイオク車にレギュラーを入れてしまったら?

ハイオク仕様車にレギュラー・ガソリンを入れてしまっても急に動かなくなるということはありません。多くのハイオク仕様車はレギュラー・ガソリンを給油してもエンジンの不具合が出ないように安全に設計されています。
ただ、本来のエンジン性能を引き出すことはできませんし、燃費は落ちてしまいます。

スポンサーリンク

価格の差に惹かれてレギュラーを入れてしまう気持ちも分からなくはないのですが、ハイオク指定車にはハイオクを入れてあげましょう。

注意してもらいたいのは
「ハイオク専用車」です。

「専用車」となっている場合には、レギュラー・ガソリンを入れてしまうとエンジントラブルを引き起こす可能性も捨てきれないので間違って給油しないように気をつけて下さい。

ハイオク専用車は外車に多い傾向にありますので、

「ガソリン代を節約しようとしたら、かえって修理が高くついてしまった」

なんてことのないようにしましょうね。

レギュラー車にハイオクを入れるとどうなる?

反対に、レギュラー仕様の車に
ハイオクを入れたらどうなるか?

少し前の車なら「燃費が上がります」と言えたのですが、最近の車は電子制御が進んでいるので、ハイオクを入れた場合に性能や燃費が向上するかどうかは、一概には言えません。

車種によってはコンピューターがレギュラーでもハイオクでもそれに適した燃料噴射や点火タイミングを調整して性能が上がる場合もあるようです。

が、

電子制御が厳密なだけに
ハイオクを給油したのに調子が悪くなる
という可能性も否めません。

古い車や車種によってはハイオクを給油することでパフォーマンスが上がることもありますが、最近の車ではハイオクとレギュラーの価格を補うほどのメリットは得られないのではないかと思います。

ハイブリッド車や低燃費車のようにレギュラー・ガソリンでも十分な燃費が得られるように開発されている車が増えているので、わざわざハイオクを入れなくても十分でしょう。

まとめ

かつては「パワー」や運転したときの感覚が重視されていましたが、今やユーザーの最重要注目点は「燃費」です。そのため、メーカは車種によって最適な性能(燃費)を引き出せるように設計した上でガソリンの種類を指定してきています。

このような理由で、素直に指定燃料を入れておくのが無難ではないかなと思います!

快適なドライブを楽しんで下さい。

最後におさらい!

  • ガソリンにはレギュラーとハイオクがあり、オクタン価に違い(規定ではハイオクは96以上、レギュラーは89以上)がある
  • 日本車(小型車)はレギュラー指定が多く、大型車や外車はハイオク指定が多い
  • オクタン価の高いハイオクはレギュラーに比べて燃えにくく、大きなエネルギーを生む
  • 愛車のエンジンのためには指定または推奨されているガソリンを入れておくのが良い
  • レギュラー仕様車にハイオクを入れても、ハイオク仕様車にレギュラーを入れても、走行は可能だがエンジン燃焼の安定性、性能、燃費が良くなるとは限らない

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。