御社と貴社の違い分かります?日常から学ぶ使い方

社会人になると知らぬ間に使っていた御社や貴社。

どちらも取引先など相手の会社を敬って呼ぶときに使います。

同じ意味の言葉なんですが、使い方にはちゃんと違いがありました。

実は筆者、間違いなく使っていましたが慣習的であって、
御社と貴社の使い分け方を知ってではありませんでした。

せっかくですからビジネスマナーとして、あらためて違いをハッキリしてしっかり身につけたいと思います。

御社はどういうときに使うのか?

御社と貴社の違い、明確に言語化するとすなわちこうなります。

  • 御社(おんしゃ)は話し言葉
  • 貴社(きしゃ)は書き言葉

ほら、使い方がとっても明確に切り分けられているでしょ。

へぇ~そうだったんだっと思われている社会人の方も
意外に多いのでは?!

筆者については、ぜんぜん理解していませんでした笑

いざという時に違いについて説明できないと良くないな、と思いましたので、改めてしらべることにしました。

ちなみに調べた結果を絵にするとこんな感じです。

2016-11-14_151138

御社(おんしゃ)は、電話や会社訪問で
相手の会社の方と話しをするときに
「あなたの会社」を敬った呼び方で

「御社」

といいます。

「あなたの会社に是非行きたいと思っている」

「御社に是非伺いたいと存じます」

なんて使い方をします。

実際、私の仕事は企業のお客様と話す電話サポートでした。

普段相手の会社を呼ぶときに御社を使いましたが、
たまに御社が出てこなくて、とっさに貴社を使ったこともあります。

ただ、『きしゃ』という音の響きが
イマイチ『おんしゃ』に比べると
しっくりきませんよね。

それに、同じ読みの帰社、記者とか汽車と話のながれをまちがえてもいけないし…そんなことないか?!

そういえば、御社の代わりに、
会社名のあとに『さん』をつけて呼ぶこともありました。

少し気心の知れたお得意さまには
『楽天さんでは…』なんて使い方をします。

貴社はどういうときに使うのか?

貴社は、メールやビジネスレターを書くときに
「あなたの会社」を敬った書き方で「貴社」と書きます。
履歴書やお礼状、あいさつ状でも貴社を使います。

ちなみに絵にするとこんな感じ。

2016-11-14_151349

確かに、あいさつ文に

『貴社におかれましては、ますますご 清栄のことと心よりお慶び申し上げます。 …』

なんて書き出しますものね。

私、知らず知らずのうちにビジネスルールにちゃんと則っていたんですね。

とはいっても相手の会社にメールを送る時は、いまでも3回くらい読み返してから
送信ボタンを押すようにしています。

いまやメールは、すぐに相手と連絡を取る手段としてとても便利なツール。

その反面、ビジネスシーンではメールの失敗ってよく耳にします。

だから内容を十分チェックした、大丈夫と送った後に
まずい!って青ざめることがごくまれに起こることがあります。

そんな時の便利アイテムとして、
メーラー(メールを扱うアプリケーション)の機能には

「うっかり送信したメールを取り消す」

というものがついているものがあるんですよ。

最近ビジネスシーンでも
使われるようになったGmailも
そんなメーラーのひとつです。

まっ、そうならないように何度も読み返したり、
同僚にチェックしてもらうことが大切なんですけどね!

社会に出ると言葉づかいが難しい?!

御社と貴社は尊敬語に分類されます。

そういえば過去、

スポンサーリンク

中学、高校の国語の時間に
丁寧語、尊敬語、謙譲語があり、
試験前に「わけわかんない~」と
嘆いていました。

まっ、中学、高校の試験なら嘆くだけですみますが、就活では人生がかかってきますからそうはいきません。

順番にしっかりと身につけておきましょう。

就活の間にしっかり身につけておけば、
就職してからの最初の試練、
電話当番も苦になりません。

取引先から外出中の担当者に電話があって、

『◯◯は終日外出しております。
折り返しご連絡さしあげたいとぞんじますので、
御社のご連絡先を教えていただけますでしょうか』

 

 

と応対するわけです。

こんな宇宙語わからな~いなんて言わないでくださいね!

私が上司から教わったことは、
上司や先輩のお手本になるメールやビジネスレターをたくさん読み
うまい言い回しやフレーズをまねること。

同様に、ビジネストークも普段から
上司や先輩の話し方をチェックすることが大切。

まとめ

社会人なったら、仕事ができるヤツをめざしたいものです。

私、『ワーキング・ガール』というあるひとりの秘書のサクセスストーリーの映画が好きで何度も見ました。

メラニー・グリフィス扮する秘書が、怪我をして休暇中のシガーニー・ウィーバー扮する上司になりかわるのですが…。

特に好きなシーンが、秘書が自宅で何度何度も上司の商談の電話のテープを聴き話し方の練習をするところでした。そして、会社で秘書と上司の二役をこなすのです。

話すスピード、声のトーン、敬語の使い方で
電話の相手の態度がガラッと変わるのです。

実際、この方法を電話サポートで応用しても、とても効果を感じられました。

会社で憧れの上司や先輩のコミュ力や文書力をチェックしてまねれば、いつの間にかビジネスマナーとしての敬語が簡単に身についたりします。

是非おためしあれ!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。