お餅の保存方法と長持ちさせる方法!カビが生えても安全に食べれる?

お正月前にはお餅つきなどで、それ以外のシーズンでもお餅を買ったり作ったりするご家庭も多いのではないでしょうか。

でもいっぱい残ると「気がつけばお餅にカビが……」なんてこともあるんですよね。

せっかく作ったお餅にカビが生えてしまうとがっかりです。

 

「お餅のカビは悪いやつじゃないから食べられる」なんて「昔の人の知恵」も聞きますが……どうなんでしょう。

 

本当かどうかも怪しいですし、

やっぱりカビの生えたものを口にするのは気が引けます。

 

そもそも、最初からお餅をカビさせず長持ちさせる保存方法を知っておきたいところですよね。

というわけで、お餅の保存方法や安全な食べ方を確認してみることにしました!

スポンサーリンク

お餅はカビが生えても食べられるって本当なの?

お年寄りの方などは「お餅のカビは問題ないから食べられる!」と言って、カビの生えた部分だけを切り取っていました。

私も子どもの頃は「そうなんだー」と普通に受け取っていたのですが……。

 

残念ながらそれは間違いで、
カビの生えたお餅は
食べないほうが安全でした。

 

ブルーチーズのようにわざとカビを発生させるものもあるので、何となくお年寄りの方の言葉にも説得力があるように感じますよね。

しかしカビの種類は多く、本当に安全なカビかどうかは素人目には分かりません。

2017-03-22_235549

 

「青カビは大丈夫」なども聞きますが、カビは密集具合で見た目の色が変わります。

「白っぽいカビだと思っていたら有害な黒カビだった!」なんてこともありえるのです。

カビの生えてる場所を取り除く方法は実は良くない?

ちなみに、

カビが生えた部分だけを取り除いて食べる方法もオススメしません。

カビは食べ物に発生すると、更に養分を求めて食べ物の内部に菌糸を伸ばしています。

カビ部分だけを取り除いたとしても、その伸ばした菌糸まで取り除いているとは決して言い切れないんですね。

大きめに切れば大丈夫という意見もありますが、例えばひとつ生えたカビのために4cmほど切り取ってしまうと一切れのお餅の半分くらい持っていってしまいますよね。

しかもこれでも確実な方法とは言えず、結論として「カビが生えたお餅はダメ」となってしまうんです。

残念ながらカビが発生したら諦め、むしろ今後適切に保存することを考えていきましょう!

お餅を長持ちさせる5つの保存方法!

せっかくたくさんあるお餅、出来るだけカビを発生させずに美味しく食べたいですよね!

お餅の状態やいつまで保存したいかによっていくつか方法がありますので、ご紹介していきます。

使える方法を使って、美味しく安全に保存していきましょう!

市販のお餅を保存したい場合

市販のお餅は個別包装されていることが多いですし、乾燥剤もしっかりつけてくれています。

そのまま冷蔵庫で保存し、賞味期限内に食べるようにすれば大丈夫です!

続いて、さらに長持ち保存させるテクニックを紹介していきます。
[ad#co-2]

「からし」や「わさび」と一緒に冷蔵庫で保存する

2016-11-29_155614

これはよく知られている方法ですが、からしやわさびと一緒に保存するとカビがつきにくく、長持ちさせることが出来ます。

 

からしやわさびには殺菌作用があります。

一緒に入れておくだけでカビの発生を防ぐ、または遅らせることが出来るのです。

 

まず、密封できる容器(フタ付きタッパーなど)を用意します。

次に粉わさびなどをぬるま湯を使って練り(粉チューブのわさび程度の硬さを目安にしましょう)、ラップを敷いたタッパーの底にたっぷり塗っていきましょう。

 

このとき控えめにせず、5mmぐらい分厚くしっかり塗ったほうが効果があります。

 

更にラップを敷いて、その上にお餅を重ならないように並べます。

しっかりフタをして冷蔵庫に保存すれば、1週間から長くて1ヶ月程度は保存出来るようになります。

とはいえ完全にカビを防ぐことは出来ませんから、出来るだけ早く食べるようにしてくださいね。

実は使い捨てカイロがお餅の保存に使える!

2016-11-29_155927

「……は?」という声が聞こえてきそうですが、実は有効な方法なんです。なんだか全く関係のないことに思えたので、筆者も最初はウソでしょと勘違いしていました笑

使い捨てカイロの鉄粉は、揉んで酸素を結合することで熱を発生しています。

つまり酸素を吸収してくれるので、
カビの発生に必要な酸素を減らすことにより、
カビの発生を抑えてくれるのです。

やり方は簡単、使い捨てカイロをタッパーに入れてからお餅を入れ、冷蔵庫で保存するだけです。

お餅がたくさんある季節は寒いので常温でも大丈夫ですが、リビングや台所など暖かくなる場所は避けておきましょう。

スポンサーリンク

この時のポイントとしては「使い捨てカイロを揉まないこと」くらいです。

わさびと比べお手軽ですが、保存期間は1週間から10日前後と見ておいたほうが安全です。

とはいえ冬場にあるものでお手軽に保存出来るので、ぜひ覚えておきましょう!

冷凍して長期保存も可能!

お餅は冷凍保存出来るということ、ご存知でしょうか。

方法もとても簡単で、一つ一つラップに包んでフリーザーバッグなどに入れます。

そしてそのまま冷凍庫に入れ、保存するだけです。

この方法を使えば、なんと数ヶ月から1年程度長持ちするようになります!

とてもお手軽で便利なのですが、やはり風味はどんどん落ちていきます。

 

安心して保存出来るのでオススメですが、やはり出来れば1ヶ月以内に食べたほうが美味しくいただけると思います。

乾燥させても長期保存が可能!

最後に、乾燥させて長期保存する方法もあります。

保存食の定番といったら、後にも先にも乾燥ですからね!

 

ただこれは白いいつものお餅ではなく「かき餅」を作ると言ったほうが正しいかもしれません。

 

かき餅をつくる方法としてはお餅を薄く切って天日干しにし、乾燥させる方法があります。

すると、水気が無くなった状態、つまりドライな餅が出来上がるのです。

 

完全に乾燥してカラカラになったら、ホコリがかからないよう紙袋などに入れて湿気のないところで保存しましょう。

色がどんどん飴色へと変わっていきますが、問題なく食べられます。

この場合でも半年から1年程度保存が出来ますので、どうしても食べられないと思った場合はまとめて作っておいておやつに出すのもありですね!

食べ方もフライパンやトースターでこんがり焼いてしょうゆを塗ったり油で揚げたりと、調理法や味を変えて楽しむことが出来ます。

まとめ

お餅はお正月時期にたくさん食べるものですし、この時期はぜんざいなども美味しいんですよね。

安心して食べられるように保存して、美味しくいただいていきましょう!

 

どうしても食べきれない分は、お手軽に冷凍保存しておくのがオススメです。また、お餅のルールとして守っておくべきは「乾燥させること」「必要な量を残さず、なるべく早く使うこと」に限ります。

 

そうそう、

 

我が家でも毎年お餅をたくさん用意するので、どうしても食べられない分はまとめて冷凍保存しています。

 

冬の定番・お鍋のときにさっと出して食べることも出来るので、本当に便利ですよ。

最近は餅つきをするご家庭も減り、市販のお餅を買う方も多くなったと思います。

市販のお餅の場合は保存方法さえしっかりしておけば長持ちしますが、賞味期限などはしっかり確認しておいてくださいね!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。