自動車免許についてくる原付免許が125ccに上がった時すべきこと

こんにちは、

ハイパーメディアクリエイターもといハイパーバイクファンの岡田です。

いやあ、驚きましたね。

だって、今まで原付免許が50ccまでついてきた自動車免許で、125ccまで乗ってもよくなるわけですから。

そうすれば通勤の選択肢も非常に増えますし、なによりバイク業界が非常に健全化されます。それに儲かりますし。

では今回は、そんな来るべきときに備えて何をするべきなのか?

125ccの原付免許が普通自動車免許に付属するまでに、ライダーでもある私がやっておくべき事を妄想的に書き連ねて行こうと思います。

スポンサーリンク

自動車免許の付帯免許が50cc→125ccまで伸びたらできること

このメリットにイマイチピンと来ない方も多いかもしれないので、改めて説明をしていきますね。

まず、AT、MTにかかわらず、普通自動車免許(1種)を取得すると、原付免許と小型特殊の免許が付いてきます。

原付免許は50cc未満の、JOGやDioなどのよくあるスクーターに乗れる権利が与えられているわけですが、50ccって非力です。

ひとたび公道に出れば
車には煽られますし、
ぜんぜん加速しません。

おまけに、もう少しお金を出せば90ccや125ccに乗れるのだから皮肉です…。

しかし!

今後125ccまでの原付に乗れるようになると、今まで50ccではあった問題点をことごとく解消できてしまうのです。

具体的には、以下のようなものがありますね。

  • 30km/hの速度制限がなくなる
  • 二段階右折が必要なくなる
  • 二人乗りができるようになる

基本的にはこれらのメリットがあります。

排気量が上がることによって走行性能が上がり、今までの50ccよりも圧倒的に速く走れるようになり、交通の流れに無理なく乗れるようになるわけですね。

これは非常に心強いです!

通勤でもパワフルに乗りこなせるようになりますし、二輪メーカーもこぞって125ccの新車の開発に力を入れています。見た目にもバイクらしくなってくる車種が多いのもこのクラスで、通勤目的以外でも楽しめるのが嬉しいですね。

今までは、125ccの免許を取るためには普通二輪か、小型二輪の免許を取らなければならなかっただけに、痒い所に手が届くようになったと言ってもいいでしょう。

じゃあ、125cc原付に乗れるようになるまでに何をするべき?

ということで。

ここまで、普通免許で125ccの原付に乗れるようになった未来を紹介しました。

でも、50ccのバイクの感覚でいきなり125ccのバイクに乗るのはいささか危険です。

加速性能も高いですし、いろんな所がちょっとずつ50ccのそれとは異なりますからね。

最低でもこれらの事は心得ておくべきかな、と思います。

  • ヘルメットを良い物に変更する
  • グローブなどの服装を強化する
  • バイクの特性を理解しておく

こんな感じでしょうか。

では、以下に今から準備しておくべきことについて紹介していきます。

ヘルメットを良い物に変更する

ヘルメットは良い物に変更します。

原付で50ccのスクーター、というと俗に言う半ヘルを使っていたと思います。

バイクに乗るためには最低限必要な装備ですが、ヘルメットは半ヘルだといざという時大変。事故をした時には最悪保険がおりなかったりする事もあります。

そのため、ちょっと高いと思っても「ジェット」や「フルフェイス」のものを準備しましょう。

2016-11-04_154922

価格は高くても3万円ぐらいで上等なものが買えます。

安全と、任意保険がおりることを考えたら結構お安い投資なので、準備しておきましょうね。

グローブなどの服装を強化する

スピードが50ccよりも出るということは、事故をした時のダメージも大きくなります。

ヘルメットと同じく装備を強化しましょう。間違っても軍手とかはNGです。スピードが原付きよりも出ますし、モデルによっては100km/h以上が軽々でてしまうものもありますからね…。

スポンサーリンク

2016-11-04_154836

ころんだ時には道路がおろし金のように残酷な武器になるので、注意しておきましょう。

グローブはバイク用品店で用意して、必要に応じて専用のウェアなんかも購入するといいですね。

バイクの特性を理解しておく

50ccよりもスピードが乗る125ccは、バイクと呼んでもいい代物でしょう。

カーブではしっかり姿勢をとらないと曲がれなかったり、ブレーキングを誤ると転倒してしまったりと、結構なリスクがつきまといます。

空気圧の管理や日常のメンテナンスもしなければ、故障や事故につながります。今のうちに本を読んだり、検索してみたりして知識を補っておきましょう。

ちなみに筆者もバイクは原付から乗って、今はハーレーとかにも乗るようになりました。

どんなこと学んでおけば良いのかなども逐一紹介していくので、何かあれば気軽に質問してくださいね。コメントも受け付けております。

まとめ

125ccのバイク、乗るのが怖くなりましたか?

でも大丈夫です!基本的にはバイクの調子が良ければ、あとはドライバー(ライダー)が安全意識を持って調子に乗らなければ非常に楽しい乗り物です。

ただ、もしも125ccの規制緩和がされても事故が頻発するようであれば本末転倒バイクも転倒。再度規制されて、自動車免許で125ccがお蔵入りになってしまうこともありえます。

節度をまもって楽しい125ccライフを送る準備をしましょう~!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。