ジャージやセーターについた毛玉を簡単・キレイに取る方法まとめ

三度の飯よりも毛玉が気になる!岡田です。

そうです、

本当に気になるんですよね。毛玉って。

自分でいくら気をつけていても、気がつけばお気に入りの上着についている毛玉の数々。

セーターやトレーナーはもちろん、ブルゾンやジャージの裾なんかにも毛玉が点在しています。

それをむしり取ろうものなら
繊維?が一気にポロポロほつれ
見るも無残な裾になったり…。

そうなるのが筆者は非常にゴメンなので、何かいい方法はないものか?改めて調べてみることにしました。

スポンサーリンク

毛玉って非常に邪魔!なんか良い取り方ないの?

って思ったそこのアナタ。

同感です!

あれだけお気に入りだった服に毛玉が付いていると、なんだかやるせない気持ちになるものです。

袖を返したら毛玉ビッシーっっって…。もう、なんだかなあという感じですよね。見た目もなんだか貧相に見えてしまいます。

だからといって新しいものを買おうにも、廃盤になっている事もありますし…。

ちなみに、

筆者の中学校はジャージ着用が基本だったのですが、やたら毛玉が付くんですよね。ジャージって。

友人のジャージと比較しても毛玉が非常に多いので、やり場のない怒りを毛玉に対してもっていました。

悩みは学校を卒業した今も(何年前の話だよ…って感じですが)根本的に悩んでいることは変わらないものです。

そんな時に
「毛玉 取り方」
みたいに検索すると、
方法がいくつか出てくるんです。

今まで筆者が試して来た方法を紹介すると、

  • 毛玉を引っ張ってちぎる方法
  • カミソリで毛玉を削ぎ落とす方法
  • 毛玉取り機を使う方法
  • スポンジやブラシでとく方法

などなどがありました。

それぞれやってみて思ったのは、

「スポンジでブラッシングするのが一番」

という感じです。

まあ、失敗談もあったほうが毛玉に苦しまなくて済みやすいと思いますので、順番に紹介していきますね。一応。

毛玉を引っ張ってちぎる方法

これはいまいちオススメできません。

というのも、伝線しますし、何より時間もかかります。

もっとも原始的な方法ですが、服にかかるダメージはもっとも高いです。

カミソリで毛玉を削ぎ落とす方法

これは筆者が中学校のときにもやっていた方法です。

これもハッキリ言ってオススメできません。

見た目はわりとキレイにとれますが、強制的に毛玉をカットするため、繊維表面が荒れます。より毛玉が発生しやすくなるのでハッキリ言ってよけい大変になります。

服の繊維もどんどん減ってきてダメージジーンズみたいになるので注意しましょう。

毛玉取り機を使う方法

これは一見スマートですが、やはりオススメできません。

毛玉取り機は電気屋さんでも売っていて、機械的に毛玉を削ることができます。

イメージとしては、電気ひげそりに近いですね。

ただ、

これもカミソリをつかって毛玉を取る方法と同じく、どんどん生地がやせていきますし、毛玉ができやすくなる方法なんですよね。

基本的に白い毛玉のかたまりができたときは、末期だと思ったほうがいいです。つまりお肌と一緒で日頃のケアが必要だと。そういうわけです。

スポンジやブラシでとく方法

これは今まで試してきた中で、特にオススメな方法です!

スポンジやブラシを使うのは、メンテナンスに近い方法になります。つまり「毛玉の発生を防ぐための対策」に近いですね。

これであれば切断する方法のように衣服を傷つけることもなく、いい感じに毛玉の発生を防ぐことができます。

また、

スポンジというのは食器を洗うスポンジの、ちょっと固い裏面のことですね。

これです。

これを使うことによって、今までにない「残らない毛玉除去」をすることができると…。

2016-11-05_125312

この固い裏面を、衣服にそって一方向に撫でることにより毛玉を正常な繊維の状態に戻すことができるのですが、毛玉がついている繊維の面が傷ついていると、完全に毛玉を除去することはできません。

こんな感じになってしまいます。

一応取れることにはとれるのですが、決定的にとれるかというと、そういうわけではないみたいです。

2016-11-05_125151

こんな感じですね。一応効果はあるみたいです。

ちなみに、もう一つ試してみた毛玉サンプルがこちら。表面に毛玉が浮き出てきたころのものです。

2016-11-05_124439

スポンサーリンク

これに対して、例のごとくスポンジの固い面で一方向に撫でます。すると…。

 

2016-11-05_124449

すごい!かなりキレイに取れました。除去前と比較すると、ほぼ新品の風合いになりましたね。

衣類の表面も傷ついているという感じではなく、かなり滑らかになっています。これなら毛玉もかまりません。

 

ということで…。

このスポンジの毛玉取り、なかなかにオススメです。

こういうものもありますし、ずっと使えるので長くもつものがいいですね。(※詳細は下記画像をクリック)

ブラシなども一応取れることにはとれますが、こちらのほうが安くて簡単です。価格も薬局に行けば5コセットが100円もしないくらいで売っていますし、一番コスパがいいですね。

まとめ

ではでは、毛玉の直し方についての説明でした。

 

もしもお手持ちのお気に入りの服で、毛玉の大量発生に困っているようでしたらぜひ!筆者もオススメです。試してみてください。

スポンジでの毛玉を取るアイテムとしては手放せなくなりそう。

ぜひ、薬局や百均へ駆け込んでみることをオススメします。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。