FC・SFC版のドラクエで冒険の書が消えた時のデータ復活法まとめ

「おきのどくですが ぼうけんのしょは きえてしまいました。」

…このメッセージに怯えたプレーヤーはきっと多いことと思います。

結構びっくりしますよね?びっくりどころか、筆者はトラウマもんでしたが…。

あの独特の音楽と喪失感は、
レベルが上がっていくごとに
レアモンスターを仲間にするごとに
致命的なショックになりかねません。

久々にファミコンやスーファミを引っ張り出して、無音でゲームをはじめている筆者ですが、データの消える仕組みと回避する方法について、何かいいものはないかまとめていくことにします。

スポンサーリンク

そもそも冒険の書が消える原因は?

データを書き留めておく役割をはたす機能、冒険の書。

PS世代からドラクエを始めた方は馴染みが薄いかもしれませんが、この冒険の書、FCやSFCでは生命線になります。

昔の冒険の書って、一つのソフトにつき3つまでしか保管できなかったので、万が一消えるリスクを防ぐために3つとも同じセーブをして対策をしたりしたものです。

他にもセーブの管理を確実にするために、

  • カセットは本体から引き抜かない
  • カセットの差込口に厚紙を入れてカセットがずれないようにする
  • リセットボタンを押さない

みたいな方法が存在します。

これらは基本的にやっていた方もいたかもしれませんが、消えるときは消えますよね…。

はぐれメタルが仲間になったと思ったら消えてしまったり、時には悪意はなくとも電源のコードを足に引っ掛けて消されてしまったり。

旅の記録は儚いものなのですが、消える理由は一応あります。

それは、

「そもそもFC・SFCの構造上にセーブを保つのは難しい」

ということ。

カセットの中にはチップがあり、そこにセーブデータを書き留めておくという仕組みになっています。

ただ、そのチップは記録を保つためにバックアップ電池が必要で、ボタン電池を使って記録を保管しておくような構造になっているのです。

この電池、切れてしまうと
セーブデータを保持することが、
カセットの構造上難しい
というわけなんですね。

ドラクエはカセットのゲームの中でも、特にストーリーが長く、セーブデータも大容量になりやすいのだとか。

だから、データも不安定なんです。

そして次回のスイッチON時には、無機質なウィンドウとともに、アノ不気味な音楽が流れてしまうのです…。

2016-11-04_152906

そう、こんな感じで…。

夜中に聞いた時には心臓バクバクで、もう眠れないです。絶望感と脳内リピートするアノ音楽で。

どうにかならないものでしょうか。

消えにくくする方法はある?

消えにくくする方法はあります。

それは簡単で、中の電池を新しいものに入れ替えること。たったのこれだけです。

基本的には寿命のあるものですし、基本的に昔のソフトは電池がないと思ってもらってもいいでしょう。

バックアップ用のボタン電池は市販されているので、あとはカセットを開けるための特殊なネジを開ければ、カセットを分解して入れ替えるだけ。

これだけでセーブデータは消えにくくなります。

ただ、この方法、注意点があります。

それは、電池を入れ替えてしまうと、入れ替える前のセーブデータが消えてしまうということです。

この場合は、ソフトがデータが消えたことそのものを記憶していないために、あの音楽も鳴りません。

データを復活させる方法はある?

データを復活させる方法は、邪道ですが一応存在します。

手順としては以下の通り。

  1. カセットを差し込み、電源を入れる
  2. そのままゲームのロードを待つ
  3. 冒険の書が消える画面が表示されたら急いで電源を切る
  4. 再び電源を入れてチェックする

このような流れになっています。

また、カセットを差し込む際には、1度もカセットをクリーニングしていなければ、端子をクリーニングしておくのがおすすめです。

 

読み込みが正常にされやすくなり、電源入れても画面が暗いままの、なんとも言えないあの緊張感を和らげられますからね。

 

こういった専用キットもあるので、少しでもデータの救出率を高めるためにもやっておきましょう。

送料無料でこの金額でデータが守れるのなら、安い投資だと思います。

スポンサーリンク

 

 

この方法は、カセットのセーブデータを保持する特性を使ったものになります。

冒険の書が消えるときの画面では、実はまだデータは存在しているのです。

セーブデータをチェックして、エラーがあった場合には、そのセーブデータを読み込めないから消す。このようにしてアノ音楽が鳴るのですが、音楽が鳴っている間はまだセーブが生きているんですね。

電源を切ると稀にそのエラーが回復して、そのままゲームを続けられるようになる可能性がある、ということです。

ただ、この方法は正当な方法ではないので、あくまで最終手段として使うようにしましょう。

 

筆者はこの方法で、なんとかLv99の冒険の書を潰さずに済みました。また黄金のつめをパーティー全員分手に入れるなんて、できませんからね…。

 

まとめ

こんな感じで、ドラクエの冒険の書を守っていきましょう。

やり方については色んな方法が存在するみたいで、これらの方法もそのうちの一部に過ぎません。ただ、筆者は直前に電源を切る方法でなんとか事なきを得ました。

それにしても、なんであんな音楽とシステム作ってたんでしょうかね?あれだったら、何事もなくひっそりと消えていたほうがマシです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。